TRAINING 研修について

中堅社員向け研修 ~中堅社員の覚醒

対象者

アバター

中堅社員


  • これからの自分のキャリアへの不安を抱えている方
  • 自身の仕事へのスタンスに悩まれている方

コース概要

  • 「変化の時代」において求められる「変化を読み、変化を創り出す人材」に必要なスタンス・スキルを確認します
  • 自身の仕事観・仕事への向き合い方を振り返りながら、中堅社員として、今後自社でどのような役割を担っていくべきかを見つめ直します

学習のゴール

  • 自社のおかれているビジネス環境を理解し、会社や所属チーム、自分自身が今後どのように対応していくべきかを考える
  • 「変化の時代」に中堅社員が持つべきスキルとして、「課題発見」・「巻き込み」のスキルを確認する
  • 中堅社員として自社の中でどのように価値を発揮していくかを考える

コースの流れ

※コースの流れの黒文字は講義、青文字は演習になります。

1日目午前

      第一部:「変化の時代」と中堅社員に求められるスタンス

         【演習】世の中の事象と自分をつなげる

  1. 1.ビジネス環境を理解する

      【演習】ビジネス環境を理解する

1日目午後

  1. 2.会社の在り方を考える

       【演習】自社はどうあるべきか

  2. 3.自分たちの在り方を考える

       【演習】自分たちの在り方を考える

  3. 4.自分自身の在り方を考える

       【演習】自分自身がどう変わるべきか考える

2日目午前

第二部:中堅社員が持つべきスキル「課題発見」と「巻き込み」

  1. 5.課題発見とは

  2. 6.課題を捉えなおす

    【演習】自身の顧客について考える

    【演習】システム思考の トレーニング

2日目午後

  1. 7.見えない課題を見つける

       【演習】理想的な靴を考える

       【演習】自身の業務での 適用を考える

       【演習】A君の失敗例

  2. 8.巻き込みの前提

       【演習】自身のスタンスチェック

  3. 9.誰を巻き込むか

       【演習】ステークホルダーの 洗い出しと分類

  4. 10.どう巻き込むか?

       【演習】ステークホルダーの 巻き込み方検討

3日目午前

         【演習】ローテクソーシャル

                       ネットワーキング

3日目午後

 第三部:中堅社員としての思いの醸成

         【演習】ケーススタディ

         【演習】自分たちはどのような役割を担うべきか


研修のお問い合わせはこちら